海外で使える国際デビットカード比較ランキング

NO.1楽天デビットカード
楽天銀行のキャッシュカードでありながら、デビット工機能を付けることで、世界VISA加盟店で使えるVisaデビットカードです。人気の秘密は何といっても現在の海外両替手数料が最も安くて海外に長く滞在する際は手数料の割安の恩恵を大いに受ける事ができます。そして、ポイントは世界中に広がるVISAカードであることで使える店舗が最大級の多さで海外でもVISAクレジットカードが使えるお店は使えるのでカードが通用しなくて困ったという事が他のブランドよりも少なく不便を感じる事が少ないでしょう。ポイント還元の恩恵にあずかれないデビットカードの中でも楽天ポイントが還元される事が楽天デビットカードの大きなメリットです。サービスは日本でのオンラインショッピングでも使え、海外のATMでの現地通貨の引き出しやショッピングなどこれ一枚持っていることでクレジットカードが無くてもそれほど不自由を感じる事は少ないのではないでしょうか。審査が要らないVISAカードのキャッチコピーどおり、すでに自分の口座に入ってるお金を使うため使いすぎてしまって返済が大変ということもありませんし、自分の予算の範囲だけ使いた人にとってはVISAデビットはすばらしい海外旅行のパートナーとなって活躍してくれるに違いありません。長時間のフライトに疲れた後、現地通貨を手に入れるために銀行の長蛇の行列に並ぶことはもうありません。大抵の空港には到着後すぐわかる場所にATMが置いてあるのでそこから現地通貨を簡単に自分の口座から引き出せるでしょう。

使えるメリット

楽天銀行VISAデビットカード
年会費 1,000円
発行銀行 楽天銀行
特長 海外のVisaとPLUSマークのついたATMで
現地世界中の店舗ATMで利用できる
利用明細もWEBで簡単確認
キャンペーン あり
HP 楽天銀行
NO.1スルガ銀行VISAデビットカード
世界中に2,400万以上あるVISA加盟店で
24時間365日ボーダレスでショッピング。楽天銀行と同じ世界中でも多く普及しているVISA加盟店でクレジットカードのように便利に使える人気のVISAデビットカードはクレジットカードを持っていなくてもVISA加盟店舗でまるでクレジットカードのようにキャッシュレスで使う子ができるのでスマートな海外旅行が楽しめるでしょう。ATMでの現地通貨の引き出しもできるのでフライト後現地通貨の両替の為に銀行の長蛇の列に疲れて並ぶことはもうありません。多くの空港で解かりやすいところに設置してあるATMで簡単に自分の口座からお金を出してくることができるので便利なのです。海外旅行の際には重宝するでしょう。楽天銀行が年会費1,000円いるのに対しこちらのデビットカードは会費が無料になっているのですぐに使う予定が無く長く持てて便利を感じる人は多いに違いありません。海外で使う際の為替両替手数料は楽天銀行に軍配が上がりますが、それほど使う予定が無いのならスルガ銀行を持つとよいと思います。
しかもスルガ銀行はVISAデビットを利用して購入した商品の破損・盗難を補償してくれます。なので安心して商品を購入する事ができるでしょう。これは大きなスルガ銀行のメリットでしょう。しかもスルガ銀行の大きな特徴の中に口座ごとの特徴が大きいということがありますが、海外に行かれる方にとってもっともめりっとをかんじることができるのがANA支店というANAマイルが貯まる銀行口座です。マイルを貯めている人にとってはスルガ銀行はメリットの大きい銀行になるのではないでは無いでしょうか。
スルガ銀行VISAデビットカードでは、キャッシュバック入金サービスがあり、年間利用金額×0.2%が返ってきます。現金払いでは感じる事の出来ない嬉しいサービスです。
スルガデビットカード(海外での使用)について
スルガ銀行VISAデビットカード
年会費 無料
発行銀行 スルガ銀行
特長 海外のVisaとPLUSマークのついたATMでキャッシュレスショッピング
世界中のATMで現地通貨が下ろせる
利用明細もWEBで簡単確認
キャンペーン あり
HP スルガ銀行 カード スルガデビット
NO,2新生銀行「PowerFlexカード」
銀行のキャッシュカードでありながらもデビットカード機能が付いた新生銀行のキャッシュカードPowerFlexカードはそのままでもJ-Debit機能が付いているので日本国内のJ-debit加盟店でのショッピングにも使える便利なカードです。楽天銀行とスルガ銀行のデビットカードとは違いVISAカードではないのでショッピングに使う事は出来ませんが海外のATMでPlus表示のある海外約150万台のATMで現地通貨がお引き出しできる「インターナショナルキャッシュサービス」機能がもれなく付いています。特別な手続きは不要、国内で利用するキャッシュサービスと一体型なので、発行手数料もかかりません。そしてスタイリッシュなキャッシュカードは32色のシンプルなデザインから選べるのが魅力的でしょうか。海外に留学に行く人や出張に行く人のあいだでも人気が高いカードです。インターネットでの申し込みはもちろん、実店舗が日本各地にあるので急ぎの場合は新生銀行の窓口に直接行くことで嬉しい即日発行が可能になっているのです、急な海外出張の予定が入った方には新生銀行は貴重な銀行です。
新生銀行(海外での使用)について
新生銀行 「PowerFlexカード」
年会費 無料
発行元 新生銀行
特長 J-Debitサービス32色の色の選べる国際キャッシュカード
楽天カード同様海外のVisaとPLUSマークのついた
ATM現地通貨の引き出しが可。店頭で即日発行可
キャンペーン あり
HP 新生 カード 新生カード


NO,3Knt!トラベルキャッシュ
年会費、発行手数料は無料。海外のVisaとPLUSマークがついたATMで現地通貨の引き出しが可能なスルガ銀行とあの旅行の大手近畿日本ツーリストが手を握った旅行に特化した一枚です!VISAデビットカード機能あり海外ATMから現地通貨を引き出せる便利機能はもちろん国内海外に多く存在するVISA(plus)最大規模のネットワークで旅行をサポートします。加盟店もおおくキャシュレスでショッピングが楽しめるので大変便利な一枚になっていますキャッシュバック入金サービスがあり、年間利用金額×0.2%が返ってきます。現金払いでは感じる事の出来ない嬉しいサービスです
Knt!トラベルキャッシュ(海外での使用)について
Knt!トラベルキャッシュ
年会費 無料
発行銀行 スルガ銀行
特長 海外旅行専用カード
世界中のATMで現地通貨が下ろせる
利用明細もWEBで簡単確認
キャンペーン あり
HP KNT!トラベルキャッシュ カード トラベルキャッシュ


トラベレックスキャッシュパスポート
トラベレックスが発行する外貨プリペイドカード「キャッシュパスポート」はMasterCard® 加盟店での支払いに利用することができます。また、世界210カ国150万台以上のMasterCard®ATMより現地通貨をお引き出せます。
世界各国の通貨別にカードが用意されているのでデビットカーででありながらもインターナショナルな使い方ができて海外旅行に行く時に一枚持って行くと現地通貨が手に入れやすくスムーズな旅行が楽しめるカードです。このカードを作る人は海外に長期滞在したりクレジットカードだけで不安を感じる人が海外での安全性を高めるため作る場合が多いようです。
4時間365日の緊急アシスタンスサービスで海外トラブルにも対応してくれる嬉しいサービス付きで初めての海外でも安心して持っていけるでしょう。しかももしものときの為に安心のスペアカードも購入時に無料で提供しています。
→トラべレックス キャッシュパスポート(海外での使用)について
トラベレックス・ジャパン キャッシュパスポート
年会費 150円/月
発行元 トラベレックス・ジャパン
特長 世界210カ国150万台以上のMasterCardATMより現地通貨をお引き出せる。デビット機能でキャッシュレスショッピング
キャンペーン あり
HP キャッシュパスポート カード キャッシュパスポートカード


MONEYKitグローバル   ソニー銀行
外貨普通預金口座(米ドル)の米ドルを、MONEYKitグローバル・アカウントへ入金することで
MONEYKitグローバル・キャッシュカードで世界中の提携ATMから現地通貨を引き出したり、
デビット決済を利用できる。米国を中心とする世界中のCHASE, Cirrus®, Pulse®の提携ATMで現地通貨での現金の引き出しができる。
MONEYKitグローバル
発行手数料 1,575円
発行元 ソニー銀行
特長 J-Debitサービス32色の色の選べる国際キャッシュカード
楽天カード同様海外のVisaとPLUSマークのついた
ATM現地通貨の引き出しが可。店頭で即日発行可
キャンペーン あり
HP ソニーバンク カード ソニーカード

△ページトップへ戻る


Copyright(c)カード比較ランキングAll rights reserved.